アウトドア屋のライフログ

MOVIE

山や渓谷の撮影にSONY FE20mm F1.8 G “SEL20F18G”

先日馴染みのお客様から写真撮影の依頼をいただいて出かける機会があったのですが、その撮影にどうしても広角レンズが欲しいというタイミングがありまして。
元々Canonのカメラを使っていた僕はカメラやらを手放したので、その頃に使っていたレンズも無く結局レンズを購入。


どうせなら、山や渓谷の撮影で元々欲しかったSONYの単焦点レンズを購入しました。
20mmの広角レンズでF1.8という明るさで、めちゃくちゃ人気のレンズでございまして…

メーカーの解説動画がこちら

鬱蒼とした森の中や、薄暗い渓谷の撮影でF1.8という明るさは非常に頼もしく、SONYのカメラに変えてからは広角レンズを持っておらず、ずっと狙っていたのでいただいた依頼に使う仕事だからと自分に言い訳をしつつ、お小遣いをはたいて…汗

撮影も暗所含む写真だったのですが、ギリギリ撮影前日に間に合って大満足。お蔭で良いお手伝いができました。

TAMRON 28-75mm F2.8

日頃使っているレンズは、多くの場合TAMRONの28-75mm F2.8のレンズを使っており、これまた人気(というか定番)商品だと思いますが、個人的には単焦点レンズが好きなので(好みの問題だと思いますが)、結構ワクワクしております。

望遠付きのレンズは渓流で釣りをする際や、ちょっとした昆虫などを撮る時に非常に重宝しており、このレンズ自体には何の不満もありません。(という程、機材に詳しい訳ではありませんが)

が、渓谷や山などに出かけた際に一本は広角レンズは欲しいもので、個人的に広角レンズの視野が肉眼と近いからかななんて思っていますが、さらにF1.8という明るさは頼もしく、ポチっとしようかと悩んでいた矢先に撮影の依頼をいただいたのでついつい「ポチ」


Canonのカメラを使っていた時もそうなのですが、基本的に野鳥などの撮影で望遠を使う時以外は、ほとんど単焦点レンズを使用していて”寄りたきゃ自分が寄る”という感が、個人的に好きなのであります。

今回のレンズは渓谷でどんな風景が撮れるのか楽しみですが、何より一緒に出かけるお客様が美しい自然の中で楽しむ素敵な風景が撮れたなら最高に嬉しいものです。

…気付けば依頼でいただいたものより、レンズで出て行ったものの方が多くないかというのは、気にしない気にしない。
満足いただければ良いのであります笑

明日は渓谷かな、良い1日になりますように。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shogo Nakano

Shogo Nakano

PORTAL 店主

宮崎県のアウトドア屋「PORTAL」の店主です。 山歩き、渓流釣りをはじめ、のんびり色々な自然の楽しみ方を満喫しながら、色々な方と一緒に遊べるのを楽しみにしています。

  1. 釣り ≦ 猫な1日

  2. 西米良村の管理釣り場にて、スタッフの良き釣り日

  3. 皆既月食 at白鳥山

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら