アウトドア屋のライフログ

HIKING

初めて歩く天孫降臨コース -高千穂峰-

PORTALのCOMMUNITYの山企画で訪れた高千穂峰。
暑い夏のシーズンに、樹林帯で木陰も楽しみながら歩こうということで出かけてきました。

高千穂峰と私

私が初めて高千穂峰を訪れたのは小学1年生の時。家族と山登りに出かけ、私も祖父は御鉢まで登ったことを思い出します。(たぶん、この時が私の山登りデビューになります。)

そして、中学3年生の時には学校の遠足で登りましたが、当時は「何で遠足で山登りなんだ」と思っていましたが、実際に歩いてみると、友人たちとワイワイ登るのはとても楽しく、山頂からの絶景に感動し喜び合ったことは今でも素敵な思い出です。

360度を見渡せる景色は美しく、雄大な火山帯の自然を楽しむことができ、大人になっても友人たちと楽しませていただいております。

高千穂峰は色々と思い出のある山ですが、私は高千穂河原からの登山ルートしか歩いたことがなく、今回PORTALのCOMMUNITYの企画で、初めて天孫降臨コースを歩くことができました。

ヤマビル

天孫降臨コースの樹林帯にはヤマビルがいることを聞いていたので、前日から靴やタイツにヤマビル用の忌避剤をスプレーし、食塩水の準備をしてヤマビルに備えました。

ちゃんと準備していて良かった!
事前の情報通り、ヤマビルがいまして…
しばしヤマビルを観察、店主からは「慣れなさい」と言われますが、まだまだ慣れることはできず、できるだけ平常心を保つように頑張りました。

店主の足についたヤマビル。これに慣れるだなんて...

店主の足についたヤマビル。これに慣れるだなんて…

結局は「キャァ」と悲鳴をあげると「うるさい」と一蹴されてしまうのでありましたが….

癒しの花や植物

ヤマビルで少しだけテンションが下がった私を癒してくれたのが花や植物で、ヤマビルのポイントを過ぎ、美しい花や植物が見えると徐々に癒され、自然を楽しむ余裕が生まれてきます。

小さな黄色い花が癒してくれました

小さな黄色い花が癒してくれました

少しずつ樹林帯の景色を見る余裕ができ、COMMUNITYの皆さんと豊かな植物や花を楽しみます。

樹林帯を歩くCOMMUNITYの皆さん

樹林帯を歩くCOMMUNITYの皆さん

美しい場所を見つけてはみんなで撮影を楽しみます

美しい場所を見つけてはみんなで撮影を楽しみます

サルトリイバラ

サルトリイバラ

サルトリイバラ。
ヒゲのようなツルが可愛かったです。

キガンピ

キガンピ

キガンピ。昨年覚えた植物の1つ。

樹林帯はヤマアジサイがたくさん咲いており、ひっそりと咲いている花もあれば、集まって咲いている花もあり、それぞれ魅力的で自然の面白さがあり、白っぽい花から青の濃い花と色んな青色を楽しみました。

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ

青いヤマアジサイ

青いヤマアジサイ

他にも野イチゴ、コガクウツギの花、ツクシコウモリソウの葉などの植物も。

ツクシコウモリソウ

ツクシコウモリソウ

山歩きを初めてから知った花や植物たちですが、見つけた時にその名前が出てくるととても嬉しくなります。分からない花などは写真に撮っておいて帰宅後に調べるのが習慣となりまして、少しずつこうした花の名前などを覚えていくのも楽しみの1つとなっております。

今回は初めて食虫植物のモウセンゴケを鑑賞することができました。

モウセンゴケ

モウセンゴケ

樹林帯の中には色んな花や植物があり、自然の豊かさを感じ、癒されながら歩きました。

神秘的な稜線

樹林帯を出ると青々とした緑に囲まれた美しい稜線の風景へと変わります。
こうした変化があるのが、このコースの魅力だと聞いて出かけましたが、樹林帯のエリアとの違いを楽しみながら歩くことができます。

稜線に出てからの光景

稜線に出てからの光景

山頂付近は雲がかかっておりジリジリとした日差しではなく、適度に風も受けながら歩きます。そして、しめ縄の向こう側にも雲が流れとても神秘的で不思議な空間。じっと眺めていても飽きることがありません。

ゆっくり歩いていると雲が流れ青空も。

青空を楽しんだ瞬間

青空を楽しんだ瞬間

登りと暑さでペースダウンした私でしたが、青空に励まされながら皆がいるところを目指して頑張りました。

大きな岩を眺めるCOMMUNITYのメンバーたち

大きな岩を眺めるCOMMUNITYのメンバーたち

みんなでゆっくり撮影を楽しみながら歩きましたが、それでも湿度も高く疲れ気味…
疲れる度に店主や案内人をはじめ、みんなに励まされつつ、おかげで無事に山頂まで着くことが出来ました。

山頂から高千穂河原方面を眺める

山頂から高千穂河原方面を眺める

山の面白さ

豊かな植物に囲まれていて、ヤマビルもいたりと、これまで登った高千穂河原とのコースとは全く違う景色で、他の山にいるんじゃないかと錯覚してしまうくらい初めて知る高千穂峰。同じ山を登るのでもコースを変えるだけで、また違う楽しみを味わえることを実感した山行となりました。

これからも色んな楽しみを見つけていきたいなと思います。

COMMUNITYのみんな

COMMUNITYのみんな

夏の暑いシーズンですが、一緒に皆さんと歩けて嬉しい時間でした。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Erika

Erika

PORTAL Ambassador

【PORTAL Ambassador】 2020年に「PORTAL」の扉を開いてから、COMMUNITYの企画や友人との山歩きを楽しんでいます。自然の美しさに魅了され、カメラで花や景色の写真を撮ることも楽しみになっています。

  1. 初めてのテント泊と朝駆け

  2. 夏の白岩山を歩く

  3. 初めて歩く天孫降臨コース -高千穂峰-

コメント

  1. 天孫降臨コースからの高千穂峰、おつかれさまでした。
    “できるだけ平常心を保ちながら…” でも一蹴されてしまう感じ、すごくイメージできて笑ってしまいました!
    そのうちきっと慣れますよ、「キャァ!」と悲鳴をあげても「自分で取れるよね?」オーラをひしひし(ピシピシ?)と感じる頃には、悲鳴もあげずに無言で自分で取れるようになっていると思います、たぶん…笑
    たくさんのお花や植物の写真、どれも素敵で癒されました、ありがとうございます。

  2. Erika
    • Erika
    • 2022.07.20

    心の準備もして行ったのですが、一蹴りでした。ヤマビル、できれば会いたくないけど、会わないと慣れない…複雑な気持ちです!笑
    これからも頑張りますね!
    写真も見てくださりありがとうございます♪
    嬉しいです!!

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら