アウトドア屋のライフログ

TAG LIST

STAFF LOG

伝統と繋がりと

2022年の渓流のオフシーズンにも関わらず、そんなタイミングで渓流釣りの道具の取扱をスタートするという、何とも「思いついたらやらねば気が済まない」的な店主ですが、2022年末に僕らの店で大切に取り扱うと決めたブランドのひとつ、R.L.Winstonというブランドのフライロッドの入荷が始まりました。

店のWEBサイトでも商品のことやブランドのことに少し触れさせていただきましたが、ここでは少し違う内容で(もっと暑苦しい内容になりそうですが…)

店のWEBサイト

伝統 -Tradition-

渓谷に立つようになって15年以上が経ちますが、店に通ってくださる先輩方は3-40年ほどのベテランの方も多く、まだまだ学ぶことだらけの僕ですが、僕らの店ではある種”伝統”というものを大切にしようと常々願っています。

そんなことを書きましたのも、昨年から取り扱わせていただくことになったブランドのWEBサイトや動画やらを色々見ていますと、こんな言葉を見つけましたので引用。

Winston, we have a tradition of innovation.
-Winstonでは革新こそが伝統です-

常に新しい素材、新しい技術を取り入れ、守るべき柱を大切にしつつ、新たなチャレンジを大切に。そんな姿勢を感じる言葉でございましたが、創業90年以上のブランドを取り扱うことになり「山のブランドよりも歴史がやっぱり長いなぁ」と、スタッフとそんなことを話しながらブランドのことを色々と学ぶのであります。

“伝統”という言葉について、僕らは店を営む上で日々、山であれば山岳会のベテランの方々や、釣りであればフライフィッシング協会などのベテランの方々に支えていただいていますが、そうした中で、僕らの暮らす地域の中に存在する守るべき伝統や、大切にしたい文化というものを感じることが多々存在します。

日本フライフィッシング協会理事に釣り指南を受けるスタッフ

日本フライフィッシング協会理事に釣り指南を受けるスタッフ

また、時に環境保全団体や漁協の方々、そして環境調査を行う方々から、自然や環境について教わることもあります。

そうした方々に出会う時、よく聞かせていただくのが”高齢化”というキーワード。
環境保全を行う方々、環境調査を行う方々、漁協で活動を行う方、漁師、フライフィッシャー、山岳会などなど、”高齢化”というキーワードを伺うことが増え、この先どうなるのかという悩みを聞きながら、大切にしたい文化や伝統について何が出来るのだろうと考えさせられることもあります。

そうした中で、僕らが大切にしたいことのひとつが繋がりというもの。

繋がり -Connection-

釣りの大先輩、環境調査を行う専門家、山岳会のベテラン、環境保全活動家と、僕ら自然を楽しむ人。
そんな繋がりをもっと作りたいと、この数年間試行錯誤していますが、少しずつフィッシング協会の理事と釣りのビギナーが出会い話す機会や、環境保全活動を行う方と自然を楽しみ始めた方、そして環境調査を行う専門家と僕ら自然を楽しむ人たちと、繋がる機会が生まれ始めました。

昆虫の調査を行う専門家との交流イベント

昆虫の調査を行う専門家との交流イベント

そうした様々な繋がりで学ぶ感動は、僕らには非常に新鮮でありまして、お客様自身もそうした環境で学んだことを、お客様が感じた目線で発信し、またそれを受けとって下さった方が新たに繋がりを求めたり、誰かに感動していただくことを調査などのモチベーションにして下さったり、拝見していて僕らが思っている以上の効果に感謝することが多々あります。

そしてもうひとつ大切にしたい繋がりは、作り手や代理店の方々と、ユーザーである僕らやお客様の繋がり。
どれだけ伝統があろうと、どれだけ流行っていようと、作り手の方々が僕らの地域やお客様に敬意のない”ただのモノ”というのは、やはり販売していて気持ち良いものではありません。

だからこそ、僕らが手にして使うものは、性能だけでなく”想い”のあるものにしようと常々努力しています。(残念ながら全てがそういうものという段階には至っていませんが)

そして、今回取扱いをさせていただいたR.L.Winstonというブランドは、僕らがフィッシング用品を販売したいと相談した際に、快くご理解をいただいたC&F DESIGNという代理店の方々があって、僕らからお客様へと気持ちを込めてお渡ししていくのであります。

様々な想いや敬意があり、取り扱うことになったフィッシング用品ですが、山と釣りをお客様と楽しみながら学ぶことで、双方の美しさや楽しみを僕らは感じることができ、僕ららしさのある文化が生まれ、それがいつしか地域の伝統となるように進んだならば嬉しい限りです。

美学

そうした想いもあり、ブランドのことなどを色々と見ていましたところ、もうひとつ使い手の方々に知っていただきたいなという一文。

We truly want our tackle to be as beautiful as the places you visit. So winston has always had the finest tradition in the industry.
-ウィンストンのロッドはあなたが訪れる美しい自然と同じように美しいものであるべきでるため、だからこそウィンストンは高水準のものを作るのです-

こうした想いを持って自然の中で楽しむことは、不思議と年齢を重ねるごとに大切に感じることがあります。そして僕ら以上にベテランの方々は、それぞれの美学を大切に自然に向き合っているように見えることが多く存在します。

そしてお客様自身も、それぞれの美学を大切に自然の中に立ち、自然の中で楽しまれています。

自然を楽しむお客様

自然を楽しむお客様

時に憧れ、時に笑い、時に背伸びと僕らもお客様も一緒になって様々な楽しみを感じて遊びますが、時折そんな光景に僕はこんなことを思うのであります。

10代の頃にクラブカルチャーにどっぷりハマり、ガキなりにお洒落を頑張ってクラブ通いに励んでいた頃と似てるなぁ。なんて思いつつ、時折可笑しくなるのですが、近くに美しい自然やライフスタイルが存在する僕らの暮らしでは、若い頃に通っていたクラブのように、自然の中にカッコイイ人が存在して、憧れる人が存在するもので、年齢を重ねてもこうした楽しみがあるものだなと最近思うようになりました。


僕らの楽しみ方が決して正しいという訳ではなく、人それぞれに沢山の楽しみ方がありますが、少しずつ僕らは僕らなりの楽しみ方が生まれ、そうした楽しみ方を多くのお客様と共感できることが、非常に光栄な日々でございます。

この1-2年でしょうか。
山を歩いていた方がどんどん釣りを楽しみ始め、その逆で釣りをしていた方が山を歩き始め、その双方の交流がどんどん始まるのを見ていますと、何だか嬉しくなるのであります。それもまた、お客様同士が情報を発信して魅力を伝えてくださるからであり、みんなで新しいカルチャーを楽しんでいくことが、少しずつ僕らも嬉しいと感じるようになりました。

新しいブランドの取扱をスタートし、また美しい道具を美しい自然の中で、楽しい仲間と使って最高の時間を作ることが今から楽しみなのであります。

良いブランドの良い品を、様々な想いと共にお客様へお渡しできることが非常に光栄です。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shogo Nakano

Shogo Nakano

PORTAL 店主

宮崎県のアウトドア屋「PORTAL」の店主です。 山歩き、渓流釣りをはじめ、のんびり色々な自然の楽しみ方を満喫しながら、色々な方と一緒に遊べるのを楽しみにしています。

  1. モノとコミュニケーションと

  2. お客様の楽しみを想像しつつの下見登山 -高千穂峰:夢か丘コース-

  3. 伝統と繋がりと

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら