アウトドア屋のライフログ

TROUT FISHING

朝の散歩的なコソ練

本日は早朝から渓谷へ。
今シーズンは大抵、火曜・水曜がお客様やスタッフと山や渓谷に出かけ、日曜も頻繁にお誘いいただいて渓谷と、表向きには週に3日程度はコンスタントに山間部に出かけております。

実はそれ以外に木曜か金曜に、独り早朝から渓谷に出かけて短時間の釣りをしているのでありまして、密かに1週間の中で3-4日は山や渓谷に出ております。(と言うと時折「山男みたいで気持ち悪い!」と言われます…)

仕事です

「そんなに遊んで良いですねー」とよく言われますが、仕事です笑
僕の場合は仕事なのか遊びなのかの境界線が、非常に曖昧なので「はぁ…仕事だ」という感覚ではなく、日々楽しませていただいております。

さらに最近は店のAmbassadorとして、お客様・店の垣根を超えたお付き合いもスタートさせ”仕事なのか遊びなのか”、そして”お客様なのか仲間なのか友人なのか”と、境界線が曖昧な関係性も生まれ、益々仕事を楽しませていただいております。(当然、お客様としての最高なリスペクトが前提ですが)

そして今朝の渓谷も、独り釣りをしながら「さて、これは仕事なのか、練習なのか、散歩なのか」などと考えながら竿を振っておりました。

朝のひととき

渓谷に陽が入り出す好きな時間

朝のコソ練

お客様との待ち合わせなどが無いと、どうも緊張感に欠けるものでございまして、本来4:00に起床して4:30頃には自宅を出る予定が、起床時間が5:00…
「ま、いっか」と思いつつダラダラと準備して自宅を出発。

基本的に早起きが嫌いな僕が、わざわざ朝のコソ練(コソコソはしてませんが)を行うのには”楽しむため”以外に2つの理由があります。

釣れる確率を向上させる

独りで釣りに出かけて、ポイントにキャストする数が100だとしますと、2人で出かければキャストする数は50、3人で出かければ33、4人で出かければ25と、当然のことながら自分が釣る数は減る訳でございます。

ですが、お客様と出かけるのは非常に楽しく、ケラケラと笑いながら釣りを楽しむ方が僕個人的には楽しいもので、その時間は減らしたくありませんし、仕事柄出かける機会も多いので、1回の釣りの精度を少しでも高めなければと、定期的に独りで釣りを。

僕すら釣れない状態でお客様と釣行に出かけていますと、お客様も気を遣われてしまうので、より釣れるように練習です。

ズリ下がるパンツを抑えながらお客様とポイント考え中の図(スタッフ撮影)

ズリ下がるパンツを抑えながらお客様とポイント考え中の図(スタッフ撮影)

経験の時間を数で埋める

僕は渓流釣りを始めて多分15年程度になりますが、店にお越しくださるベテランの方々は30年以上の方々がたくさん。
これもまた数字遊び的考え方でございますが、1年間に10回の釣りを楽しむ方が10年経過すれば、その釣行回数は10年で100回となりまして、仮に僕が1年に100回釣りに出かけたとするならば、1年間に10回の釣りをする方の10年分の経験を1年でできる訳です。

という単純馬鹿な発想をするのが、僕の特徴です…

それでも、ベテランの方の長年の経験や勘は素晴らしいもので、店頭でよくベテランの方に教わりながら感心します。

ベテランの方との釣行にて

ベテランの方との釣行の一コマ

仕事柄、経験は多い方が色々とお客様の役に立てるので、ベテランの方々との経験値の差を数で埋め、お客様に出来る限りの助言などが出来るように、一応鍛錬するのであります。

渇水、蜘蛛の巣だらけ

出来れば良い魚に出会いたいという欲は当然のことながらあるもので、小さな期待を毎回持って早朝から独り活動しているのですが、今シーズンの梅雨の短さの影響か水が少ない…そして、蜘蛛の巣が非常に多い…

厄介な蜘蛛の巣

厄介な蜘蛛の巣

ラインに、顔に、身体にと、蜘蛛の巣が定期的にまとわりつき、ストレスフルな状態でございました…
こういう時はどうしても苛々しがちなのですが、そんな時はふと辺りの風景を見て、景観に癒されながら気持ちをリフレッシュ。

綺麗な景観を眺めてスッキリ

綺麗な景観を眺めてスッキリ

苛々しては風景を見てスッキリ、そしてまた蜘蛛の巣がまとわりついて苛々。
そんな繰り返しの朝でございましたら、なんとか綺麗な山女魚にも出会えました。

もう少し良型を狙いたいなという気持ちもありましたが、あまりの暑さと顔の周りにを飛び交う虫の多さに気持ちが折れ、中途半端な時間で脱渓。
着替えて出勤後の仕事でございます。

虫対策を忘れるとストレスが多く、今シーズンはカッコイイとかカッコ悪いとかの問題でなく、Sea To Summit社のバグネットが活躍中です。

ナノモスキートヘッドネット


他愛ない朝の散歩話でございました。

なんとか粘って

なんとか粘って

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shogo Nakano

Shogo Nakano

PORTAL 店主

宮崎県のアウトドア屋「PORTAL」の店主です。 山歩き、渓流釣りをはじめ、のんびり色々な自然の楽しみ方を満喫しながら、色々な方と一緒に遊べるのを楽しみにしています。

  1. 昆虫セミナーで実感した”好き”や”楽しい”の学びと、その大切さ

  2. 渋さと痛みに耐えつつ

  3. お客様の初山女魚

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら