アウトドア屋のライフログ

TROUT FISHING

お客様の初山女魚

先週は久々の豪雨な宮崎県。
あちこちの河川は増水し、店にお越しくださる馴染みのアングラーの方々も、週末はお手上げ状態で「色々見て回ったけど、どこもダメだ…」と報告をいただいたのでありました。

そして定休日、まだまだ水は引いておりませんが、お客様のお供で比較的釣りの出来そうな河川を選んで出かけてまいりました。

今年から渓流釣りにチャレンジされたお客様

今回お供させていただいたのは、今年から渓流釣りにチャレンジされたお客様で、店のCOMMUNITYのメンバーの方でもあります。

初回の渓谷では、なだらかな美しい清流を選んで春の新緑や花を眺めながらの釣行でございましたが、山女魚は残念ながらバラシに終わってしまい、山女魚を釣らせていただくことは出来ませんでしたが、渓谷の歩き方や渓谷美を満喫した1日でした。

前回の釣行

前回の釣行

初回は「宮崎県にもこんな遊びがあるんだ」「山間部の遊び登山だけじゃなくて、こんな楽しみ方もあるんだ」なんていう感動を知っていただきたいなという個人的課題でございましたが、2回目の目的は”釣ること”

本来は今回が3-4回目の釣りにする予定だったのですが、雨で流れてしまったりと実現出来ずに早くも8月。釣行回数が少ないからこそ、絶対釣ってもらいたいなと思って出かけたのでありますが、どこもかしこも増水…
それでも何とか遡行できそうな場所へと早朝出発でございます。

轟音の谷

移動の道中、見かける河川の本流域はどこも濁流。
「多分大丈夫だと思うけどなぁ」と心の中で呟きながら、目的河川の上流域へ移動しますが、その河川の下流域も中流域も「これは死ぬわ」という激しい流れで、渓谷の美しさよりは、水の怖さを感じてしまう風景です。

目的としていた場所もあいにくの増水で、遡行に難儀してしまいそうな状況でしたため、少し場所を変え「うーん、何とか行けるかな」という地点を見つけて入渓。

水たっぷりです...

水たっぷりです…

渓谷を歩くことに慣れている方であれば、まぁ遡行出来るなという印象の入渓地点。要所要所で気をつければ大丈夫だなと判断して遡行しますが、初っ端から強い流れで腰まで浸かり対岸に渡るので、手を取りつつ慎重に。
「遡行していれば水は落ち着いてくるな」と踏んでいたので、しばらくは慎重に遡行しながら練習と思い、まだ日差しの入っていない時間で、たっぷりの水。そんな状況からのスタート。

増水した早朝の渓谷

増水した早朝の渓谷

改めて写真を見返しても、やっぱり水が多い…改めてお疲れ様でした。

増水の中で初山女魚

徐々に渓谷にも陽が差し込んで、僕の好きな美しい時間になります。
そんな渓谷の美しい風景を楽しみながら、釣りができそうな場所を見つけては山女魚が付いてそうな場所をお伝えしてキャスティング。

陽が差し込む美しい時間

陽が差し込む美しい時間

5月以来の釣りなお客様なので、慣れるまでは練習を兼ねてでございますが、隣で僕から「あそこに落として、ここを流して」などと無理難題。
しっかりと綺麗に山女魚が付いてそうな場所から、ギラっと銀色の輝きが見えた瞬間美しい山女魚が出てきてくださって、お客様の初山女魚は早々に達成でございます。

激しい流れの難しい中でお見事なキャッチ。

お客様のメモリアルな初山女魚

お客様のメモリアルな初山女魚

「中野さん、渓流釣りしたいです!」と今年声をかけてくださって、河川敷で練習して出会った初の山女魚。釣った本人より、僕が喜んでいた自信があります…笑

自分で釣った魚というのは嬉しいもので、「可愛い」なんて声を聞きながら、しばしメモリアルな一匹を丁寧に眺めて綺麗な川に帰します。

初リリース

初リリース

いやぁ、興奮しました笑

落ち着き始めた渓谷でのんびりと

お客様も無事に綺麗な山女魚に出会い、安心して遡行しておりますと徐々に渓谷の水量も落ち着き始め、陽も高くなりのんびりと釣り上がります。
直射日光はジリジリするものの、カラっとした気候で快適な気候でございます。

夏空の下のスタッフ

夏空の下のスタッフ

お客様

お客様

透明度の高い美しい渓谷で、ケラケラと笑いながらの釣りの時間。
今年始めた新しいチャレンジを「良い趣味を見つけたなぁ」と実感いただけたなら嬉しいなと思うものでございます。

全員釣って満足の釣行

水も落ち着く源流域まで遡行し、スタッフも増水した渓谷に苦戦しつつ綺麗な山女魚をキャッチ。

源流域の美しい山女魚

源流域の美しい山女魚

お客様も他にも山女魚をキャッチされ、誰かが釣ってはみんなで眺めて楽しんで。
豪雨後で水の多い渓谷でしたが、交互にポイントを交替しつつ綺麗な風景と釣りを楽しんだ1日でございました。

山女魚の記念撮影中

山女魚の記念撮影中

前半は水が多く、若干Adventure感が強すぎましたが、終始ケラケラと笑い声の響く釣行。
本当に素敵な時間をありがとうございました。

脱渓後は麓町に降りて買い物して帰宅。
釣りも地域の方々との触れ合いや特産品も楽しませていただきました。


山を歩く、渓谷で釣りをする。
花を楽しむ、野鳥を探す。
そして今週末には昆虫を知ろうという店のイベント。

山や山間部の様々なアクティビティや自然、動植物。
これらは知れば知るほど、それぞれが繋がり、新しい発見があり、新しい楽しみや学び・繋がりが生まれます。

もっと視野を広げてみれば、山や山間部も海も、そして僕らの日々暮らす場所も、様々な繋がりが存在しているもので、お客様・自然を守る方々・自然を調査する方々と素敵な繋がりが生まれていくのを拝見させていただくことは、本当にありがたいことです。

良い山女魚を釣って満面の笑み。
この笑顔を拝見させていただくと僕も「また頑張ろう」と思うのであります。

装備

<店主>
Rod : Scott “Japan Special”
Reel : HARDY “Bougle”
Hat : Halo Commodity “Side Banner Hat”
Lens : TALEX “イーズグリーン”
BaseLayer : THE NORTH FACE “S/S Flashdry Crew”
Shirt : TetonBros. “Run Shirt”
Pant : Klattermusen : “Vanadis Shorts”
Tights : finetrack “ラピッドラッシュタイツ”
Gaiter : CASKET “Neoprene Leg Gaiter”
Shoes : patagonia “Foot Tractor Wading Boots”
Pack : patagonia “Guide Water Back Pack”
Vest : patagonia “Stealth Convertible Vest”
Net : Z-Craft “花梨”
<Staff>
Rod : Orvis “Recon”
Reel : HARDY “Marquis”
Hat : halo commodity “Bend Banner Hat”
Shirt : Mountain Equipment “Glace Hooded Top”
Pant : TetonBros. “Jenny Surf Short”
Tights : finetrack “ラピッドラッシュタイツ”
LegGaiter : CASKET “Neoprene Leg Gaiter”
Shoes : mont-bell “Sawa-Climber”
Pack : EXPED “BlackIce30”
Vest : patagonia “Convertible Vest”
Net:Z-Craft

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shogo Nakano

Shogo Nakano

PORTAL 店主

宮崎県のアウトドア屋「PORTAL」の店主です。 山歩き、渓流釣りをはじめ、のんびり色々な自然の楽しみ方を満喫しながら、色々な方と一緒に遊べるのを楽しみにしています。

  1. 昆虫セミナーで実感した”好き”や”楽しい”の学びと、その大切さ

  2. 渋さと痛みに耐えつつ

  3. お客様の初山女魚

コメント

    • kaku
    • 2022.08.04

    ククク
    ご苦労様です
    ワタシニオテツダイデキルコトガアレバイツデモwww

    • kakuさん
      釣りができそうな場所を探して長旅してまいりましたが、よく笑いましたw
      最近Kakuさんという名を、うちの女性陣がみんな認識して親しんでいるのが、少々ホッコリしますw
      お手伝いもありがとうございます涙

  1. Miki
    • Miki
    • 2022.08.04

    おぉ〜キレイな山女魚!
    増水激流の中、釣るのは凄いっ〜
    笑い声と楽しそうな姿が思い浮かびますね〜おめでとうございます!!

    • Mikiさん
      ほんと狙った場所に綺麗に流れたと思ったらドンと。
      みんながドンドン上達して、ドンドン賑やかになってきますねぇー
      尾根道も渓谷も、笑い声で賑わうのは嬉しいことでございます♪

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら