アウトドア屋のライフログ

STAFF LOG

フライフィッシングのキャスティングを覚えるスタッフ

今年は僕らの店で運営させていただいているアウトドアのコミュニティで渓流釣りを楽しむ方が非常に増えて、僕やスタッフもお客様にお供して渓谷に出かける機会の多かったシーズンでございました。

渓流釣りには、ルアー・テンカラ・フライ・餌と様々な釣り方が存在しますが、お客様のほとんどはルアーでの釣りを楽しみ、僕だけがフライというこのシーズン。来シーズンには新たにフライを楽しまれる方も増えそうなので今年以上に来シーズンが今から楽しみな訳でございますが、そんな中でスタッフもフライの練習をし始めたこの秋。

ロッドを振らせてみると、明らかに僕よりは上達が早そうでビックリ。


渓流釣りや登山にハイキング、時にクライミングと、お客様が遊びとして楽しまれる山や山間部のアクティビティは、僕らにとっては仕事です。
僕がフライをしていて、お客様にもフライを始める方が増えるのでスタッフも覚えておこうというノリで、半ば強制的に始めさせる渓流釣りでございますが、スタッフも元々フライに関心を持っているため、珍しく”すんなり”と受け入れたのでございます。

さすがに「外岩でクライミングしたい」とは、まだ言い出していませんが、山や山間部での遊びをとことん覚えることは、僕らの店で働くには必須課題な訳でありまして、好きでなければ。または楽しいと思いながら実践しなければ、体力だけはやたらと使うので疲れるものです。
※未だに「サーフィンに行くぞ」という誘いだけは、乗ってきませんが…


僕らは店でアウトドア用品という部類にカテゴリさせるモノを売っていますが、本質的にはその先にある”体験”で得られる価値こそ、お客様に喜んでいただきたいのでありまして、仕事柄お客様と自然の中で山を歩いたり、渓谷を歩いたり、釣りをしたり、岩を登ったりという機会は多いものです。

そうした体験を共にさせていただく時間は僕らにとって仕事なので、事前に下見に出かけたり”どこで何を体験していただくか”と日々あーだこーだと試行錯誤しながら考えていますが、そうして試行錯誤した時間はさておき、お客様が楽しむ姿を見たり体験を通して色々と変化される方々を見るのは、何にも変えがたい喜びなのであります。

そうした喜びを感じるために”舞台裏”とも言える仕事の合間や、案内のない休日の多くは下見や練習に励むのであります。

いよいよヤマメ釣りも今シーズンは終了となりましたが、オフシーズンに”オイカワ釣り”でも楽しみながら、来シーズンに向けてスタッフもフライで魚が釣れるよう奮闘が始まるので、僕もそれにお供しながら綺麗なオイカワでも釣って楽しもうかなと思う休日でありました。

なんだか僕より早く上達しそうな予感。
僕もコツコツ練習せねば…

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shogo Nakano

宮崎県のアウトドア屋「PORTAL」の店主です。 山歩き、渓流釣りをはじめ、のんびり色々な自然の楽しみ方を満喫しながら、色々な方と一緒に遊べるのを楽しみにしています。

  1. 幼少期の釣り遊びの思い出を持って

  2. 森を守る方、森を楽しむ方の繋がりをもっと

  3. 渓流釣りの解禁に向けてソワソワする季節

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら