アウトドア屋のライフログ

TROUT FISHING

今シーズンからチャレンジ -フライフィッシング-

店が主宰するアウトドアコミュニティで山間部の遊びのひとつとして、お客様にご提案しているアクティビティのひとつに「渓流釣り」がございます。

私たちの暮らす宮崎県には素晴らしい渓谷や河川が沢山あり、美しい山女魚が棲んでいます。
宮崎県の山女魚釣りの解禁期間は毎年3/1-9/30。コミュニティのお客様の中にも渓流釣りに興味を持ち、女性のお客様が増え同性の仲間が増えることを嬉しく感じます。

2022年3月。今年、渓流釣りに初チャレンジのお客様と営業時間前に河川敷でキャスティング練習。


これまでルアーでの渓流釣りを楽しんでおりましたが、以前から少し興味のあったフライフィッシング 。
(ここだけの話ですが…フライフィッシング よりもまるでアクセサリーを作っているかのような”毛鉤”を作るタイイングに興味がありました笑)今年の山女魚解禁日からはフライフィッシング にチャレンジです。

Beginner’s luckはナイ!?

「フライフィッシング はビギナーズラックはないからね。練習と実践あるのみ!」と、店主
そして、その横で頷くのはいつも大変お世話になっているフライフィッシング を楽しまれるお客様。(美しいランディグネットを作ってくださった方です)

あわよくば “ビギナーズラック”というものが存在するのではと甘い考えも抱いていたワタクシ…ですが、思い返せば、店主がフライフィッシング を始めたばかりの頃、ルアーで山女魚をポンポンと出していたはずの店主が悪戦苦闘。そんな姿を思い出し、2022年の解禁日までにはキャスティングなどの一連の所作を身につけておかないと!と、キャスティング練習を10月頃からスタート。

雨の日は橋の下で練習です


なんだかとても敷居の高い世界に飛び込んでしまったのでは…と不安にもなりましたが、教えてくれる方々が居るありがたい環境、新しいことにチャレンジして少しずつ少しずつ自分の変化を感じられるのは楽しいことです。


※「筋が良い」と、この時点で書いていただいておりますが実践となると未だ悪戦苦闘な日々でございます笑

山女魚や景色に癒されながら

キャスティングの練習は出来ても魚がフライ(毛鉤)に食いつき、魚の口にフライを掛ける「合わせ」やそこから魚を取り込むことなどはやはり実践でしか体験することが出来ず最初は取り込みの際に慌てて(今も慌てます)ラインが自分の身体中に巻きつく始末…。

さて! ここは集中して綺麗な山女魚に会うぞ!とロッドを振れば振ったそばから周囲の樹々の枝にラインが引っ掛かってみたりと、釣行の1/3…いや2/3はライントラブルとの格闘の日々でしたが、それも段々と回避できるようになりつつあります。イライラしても仕方ない。その原因を見つけて回避・克服してスムーズにストレスなく楽しむこと。どんな趣味にも言えることですが、自分と向き合うことに気づかされます。

綺麗な山女魚に出会えれば癒されます。

先日の店休日。久々に山女魚に出会えて、思わず「アリガトウ!」と声が出ました。


そして、渓谷で感じる季節ごとの景色や野鳥の囀りなどにも癒されます。3月後半はミツマタが見事です。

良い香りが漂うミツマタの花

今はネムの花が満開の季節。渓谷沿いではサンコウチョウ・アカショウビン、オオルリなど夏鳥の囀りが賑やかです。

ホワホワと可愛い花をつけるネムノキ


(私)「フライフィッシング って難しいですね」
(お客様)「簡単に釣れたら面白くないですよ」と、店にいらっしゃるベテランの方の笑顔で仰った一言。思えば、今も楽しんでいる趣味も最初はそうでした。店にいらっしゃるルアーやフライで渓流釣りを楽しむ先輩の方々には、いつも勉強させていただいており感謝でございます。

一緒に楽しむこと学ぶこと

店のアウトドアコミュニティでは女性のお客様の中にも渓流釣りを楽しまれる方々が増えました。

昨日はコミュニティの中で一番初めに渓流釣りにチャレンジされたMikiさんと久しぶりにご一緒させて頂きました。
私とほぼ同じ時に渓流釣りを始められたMikiさん。お互いの成長や上達を見てきているので、”同士”的な感情を勝手に抱かせていただいております笑

真夏日ですが渓流沿いは涼しく別世界のようです。


女性の渓流釣りを楽しまれるお客様が増えるなかで、私は釣りそのもののスキル的なことを教えることは出来ませんが
渓谷の美しさや楽しさを伝えたり、同性だと感じるであろうなと思う不安に思うことなどを取り除くことは出来る限りフォローします。

店主や私が楽しんでいる姿を見て「私もやってみたい」と扉を開いてくださったお客様たち。
お客様と一緒に楽しむことのほか、上達できるよう熱心に取り組む姿を見て「私も!」と気合を頂いたり、一緒に渓谷沿いを歩いていると、昆虫や動植物・山野草などに詳しいお客様から知識を学ぶことも沢山あり、様々な楽しみ方や見方を私も発見させていただいております。

面白い繋がり

店には釣りを楽しまれるお客様も多く、今時期は渓流釣りの帰りに寄ってくださり、その日の釣果報告をくださったり
私の釣りのお悩み相談に乗っていただいたりしております笑
そんな中でコミュニティの渓流釣りを楽しむメンバーの方と来店が重なると、私たちもお互いをご紹介し合い新しいコミュニケーションが生まれます。コミュニティのメンバーが質問をし、アドバイスをくださるベテランの方々。
すっかり顔なじみになり、次に会った際にはまた釣りのお話をしていたり、「楽しんで!」と応援されているという光景に嬉しさと面白さを感じるのであります。趣味で繋がるコミュニケーションの楽しさです。

新しいことにチャレンジすること

話が逸れてしまいましたが、今シーズンの渓流釣りも残すところあと3ヶ月。果たして私のフライフィッシング のスキルはどこまでupさせることが出来るのか。それは全て自分次第ですが、渓流釣りを楽しまれるお客様と一緒に安全に楽しもうと思っております。山歩きがメインのアウトドアコミュニティですが、期間限定の山間部の楽しみ方。

店のウェブサイトやYoutubeをご覧いただいて、山歩きや渓流釣りなどに興味を示してご来店される女性のお客様も多く
「周りにやる人がいない」「一人でなにから始めていいか解らない」とご相談されることがございます。
新しいことを始めるのには、ちょっと勇気が必要かもしれませんが毎日の中に新しいワクワクが生まれたり、今までと違う自分を見つけることが出来るかもしれません。PORTAL Ambassadorのblogを読ませていただいて、日常にアウトドアを取り入れ、日々を楽しまれている皆さまに私も刺激を頂いている毎日でございます。

PORTALが主宰するアウトドアコミュニティにご興味のある方は是非、ご覧くださいませ。
PORTAL Women’s Outdoor Community

 

「今日ハ 釣レナカッタンダネ。」と昨日のアマガエルくん。

 

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Mayuko Takeda

Mayuko Takeda

PORTAL Staff

宮崎県のアウトドア屋「PORTAL」のスタッフです。山歩きを中心に四季折々の山間部の自然遊びを楽しんでおります。店を訪れた方・このサイトを訪れていただいた方に、自然の中での楽しみやワクワクが伝わると嬉しいです。

  1. 森に入ろう、森を知ろう -STORE SEMINAR 昆虫-

  2. 渓谷に「やったぁ!」と響いた日

  3. ありがたい日

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP

YouTube

山に出かけた際の動画などをまとめて公開しています。是非チャンネル登録をお願いします。
こちら